ハイドロキノンとトレチノインの違いについて

美白効果の持っている美白成分であるハイドロキノンとトレチノインですが、両方とも使用することによってより高い美容効果を得ることができるとして話題でありまた注目を集めている成分となります。
そんなハイドロキノンとトレチノインの違いとはどういったものなのでしょうか。
どのような違いがあるものなのでしょうか。

ハイドロキノンとトレチノインの効果と作用

ハイドロキノンとトレチノインの違いですが、まずそれぞれのもっている効果や作用についてご紹介していきます。

ハイドロキノンの効果

まずはハイドロキノンについてです。
ハイドロキノンですが、お肌にできてしまうシミや黒ずみ、ニキビ跡などの原因となっているメラニン色素の生成を行ってる酵素であるチロシナーゼの働きを抑制するという効果があります。
またそのチロシナーゼの働きを抑制するという効果により、メラニン色素を作っている細胞であるメラノサイトを減少させるという作用も持っているんですね。

トレチノインの効果

そしてもう一つのトレチノインについてですが、トレチノインはメラニン色素を体の外に排出するという作用があります。
表皮の深い層にあるようなメラニン色素も排出してくれるのです。
ですのですでにできてしまっているシミや黒ずみ、ニキビ跡などを薄くする効果が得られます。

これが二つの違いですね。

ハイドロキノンとトレチノインの違いのまとめ

ハイドロキノンについては、メラニン色素を作る原因を抑制することができますのでそれによってシミや黒ずみ、ニキビ跡ができてしまうことを防ぐことができます。
また薄くするという役割も持っているのですが、基本的には予防に対して強い効果を持っています。

そしてトレチノインに関しては、メラニン色素を外に排出しますから、すでに色素沈着してしまっているようなメラニン色素も外に排出して薄くすることができるんですね。
すでにできてしまっている症状を改善することができるという効果があるのです。

二つをうまく組み合わせることで美白効果アップ

またこのような違いがあるハイドロキノンとトレチノインですが、この二つをうまく組み合わせて使用することによってより高い美白効果を得ることができるのです。
ハイドロキノンとトレチノインのお互いがお互いを補い合って、相乗効果となり高い効果を生み出すことができるんですね。
ですので単独で使用するよりも、ハイドロキノンとトレチノインのお二つを併用して使用することで美白効果をアップさせることができます。
相乗効果を得るために併用での使用をお勧めしています。
それぞれお互いがそれぞれ違うポイントに対する高い美白効果を持っています。