ハイドロキノンの通販で変える市販薬について

美白に対して非常に高い効果があるとされているハイドロキノンという成分なんですが、ハイドロキノンの市販薬として販売されているものが多くあります。
ハイドロキノンは本当に効果が高いのですが、その効果が高い分副作用が出てしまうというようなケースもありますので、ハイドロキノンの市販薬を使用される場合には必ず用法容量を守って、適切に使用されるようにしてください。

ハイドロキノンはお肌にできてしまった嫌な黒ずみやシミを薄くする、改善するのにも高い効果を持っています。
お肌に黒ずみやシミができてしまうと、とっても嫌ですよね。
またそれだけでなく、シミのようになったニキビ跡などにも効果があります。

インターネットで購入することができるおすすめハイドロキノンの市販薬

そんなハイドロキノンの市販薬として通販でインターネットで購入することができる製品でおすすめのものを紹介します。
中にはハイドロキノンの効果が強くて副作用の可能性もある為市販することが禁止されているものもあったり、また皮膚科を受診しないと処方してもらえないものもあるんですね。
ですが通販で購入できるものもあります。

「ハイドロキノンの化粧品の選び方について」詳しく知りたい方はこちら

サンソリットホワイトHQクリーム


サンソリットホワイトHQクリームはそんなハイドロキノンの配合されている市販薬で効果が高くお勧めであり通販で購入することができる製品となります。
ハイドロキノンが高配合されていて4%と非常に高配合というところが特徴的です。
またそれだけでなく美容成分を16種類配合しています。
とても贅沢な美容成分ばかりでお肌の美容効果にも非常に効果を示してくれます。
またマイルドな処方となっていますから毎日ご使用いただくことができるんですね。
ハイドロキノンの製品ってポイントケアを行うというものが多いのですが、このホワイトHQクリームについては顔全体に使用することができるので、スキンケア感覚で使用することができるんですね。

サンソリットホワイトHQクリームの体験レビューを読む

オバジニューダームシステム


またオバジニューダームシステムは5つの基本的なプログラムがあって目的などに合わせて選択や調整を行うことができるものとなっています。
そんなオバジニューダームシステムにおいて、美白効果のあるトレチノインが特徴的です。
またオバジの美容液であるオバジブライトニングナイトセラムにはハイドロキノンが配合されています。
オバジブライトニングナイトセラムはナイト用なんですが、ハイドロキノンは使用してすぐに紫外線を浴びることによって炎症を起こしてしまう可能性があるんですね。
ですのでナイト用となっているのです。

オバジ(OBAGI)ニューダームシステムの体験レビューを読む

またハイドロキノンの市販薬を使用する際には必ずパッチテストを行うようにしましょう。

ハイドロキノンを皮膚科で処方してもらう

そんな様々なお肌の悩みの中でもお肌にできてしまった黒ずみやシミなどに悩んでいるという方も多いのではないでしょうか。
そんな嫌なお肌の黒ずみやシミ、またニキビ跡などの目立つ肌トラブルに対して解決することができる方法として皮膚科を受診するということがあげられます。
お肌に関して、つまり体の皮膚に関してのことなので専門的な医療機関である皮膚科の受診をお勧めします。

症状がひどい場合には美容皮膚科がオススメ

また通常の皮膚科の受診もいいのですが、症状がひどいという場合には美容皮膚科をお勧めします。
美容皮膚科の場合ではひどい症状に対して効果的な治療を行ってくれます。
また、美容皮膚科の方がお肌トラブル、黒ずみ、シミ、ニキビ跡といった美容系に関する知識や技術が高いという特徴もありますので、より効果的な治療法で治療をしたいという場合には美容皮膚科がお勧めできます。

ハイドロキノンで治療をする方法

美容皮膚科や皮膚科で治療をする際に薬で治療をしていくという方法があります。
その薬がハイドロキノンなんです。
ハイドロキノンを処方してもらい、それを毎日適切な量を使用していくことで効果を発揮することができるんですね。

ハイドロキノンの役割

ハイドロキノンは還元剤です。
ですので酸化を防止するという役割を持っています。
ですのでチロシンやチロシナーゼが酸化してお肌のシミやくすみや黒ずみ、ニキビ跡などの原因となってしまうメラニンに変わります。
ですがハイドロキノンがこの酸化を防ぐことによって、メラニンの生成を抑制するという効果を持っているんですね。
またメラニンを作り出しているメラノサイトという物質の働きも抑止してくれます。
ですからシミや黒ずみなどを予防するだけでなく、すでにできてしまっているものに対しても薄くしていくということが可能になります。

市販でも販売されているハイドロキノン

ハイドロキノンは市販でも販売されているケースもあります。
市販薬として購入することもできるのですが、濃度の低いものしか市販では購入することができないんですね。
濃度が高い方がやはり効果は高いです。
ですがその分副作用のリスクなども出てきますので、濃度の高いハイドロキノンを希望するのであれば皮膚科を受診して処方してもらうようにしましょう。

皮膚科での処方は安全性が高い

皮膚科での処方のハイドロキノンは医師による診察の上で処方してもらうこととなりますので、非常に安全性が高いです。
何かあった時でもかかりつけの医師ができるので、安心して使用していただくことができるんですね。

ハイドロキノンに発がん性はあるの!?

ハイドロキノンは非常に美白効果の高い成分であるとして今非常に話題になっています。
かなり効果が高いとしてお肌のシミや黒ずみ、ニキビ跡といった色素沈着などによる肌トラブルでお悩みの方からも高い人気を得ています。
ハイドロキノンは皮膚科などを受診することで処方してもらうことができますし、ハイドロキノンの市販薬も通販サイトやドラッグストア等で販売されていたりもします。

そんなハイドロキノンに対して、発がん性があるという噂を耳にするようになりました。
発がん性と聞くとやっぱり怖いですよね。
ハイドロキノンには発がん性はあるものなのでしょうか。

ハイドロキノンの発がん性について

実はハイドロキノンは発がん性が報告されているんですね。
ですがハイドロキノンを使用することで発がんする可能性が上がるのかといいますとそうではありません。
発がん性の報告についてですが、アメリカ食品医薬品局によるラットの実験で発がん性が認められたようです。

ハイドロキノンの内服薬は作られていません

ラットに対して高濃度であるハイドロキノンを内服させたところ、発がん性が認められたというものなんですね。
ですのでハイドロキノンの内服薬は今現在作られていません。
内服薬を使用することによってより高い副作用が生じてしまう可能性があるからなんです。
発がん性もラットで認められていますので、ヒトに対して実験を行うことはできません。
ですので今は外用薬のみなんですね。

ハイドロキノンの外用薬は発がん性は特に認められていません

そんなハイドロキノンの外用薬についてですが、お肌に塗る外用薬の発がん性は特に認められていません。
ですがそのことに着目した実験が行われていないというのが事実です。
ですのでわからないことだらけなんですね。

ハイドロキノンについて正しく理解することが大切です

美白成分としてハイドロキノンが注目され始めたのはまだまだ最近のことですので、これから分かってくるようなこともあるかと思います。
100%安全かといわれるとなんともいえないんですね。
ですがこれは他のものにもいえて、現在の科学ではわからないこともたくさんあるので、100%安全と言い切れないんです。
ですので使用する際には、医師の指示によって使用することをお勧めします。

守るべき注意点

それからまたハイドロキノンは使用しているうえで休眠期間が必要になります。
必ず全く使用しない休眠期間を作るようにしてください。
それからまた用法容量は必ず守ってください。
そして何かお肌に対して異常などを感じたら、お肌に合わないと感じるようなことがあったら直ちに使用を中止するようにしてください。
事前にパッチテストを行うことがお勧めです。

→副作用が気になる方はこちらをチェック
口コミcafe(https://kuchikomi-cafe.net/)で紹介されている美白化粧品がいいと思いますのでぜひ、サイトを確認してみてはいかがでしょうか?